不動産売却Q&A 回答

住宅ローンを延滞しています。売れませんか?

売却可能です。

住宅ローンの延滞がすすめば、金融機関が競売を申立て、強制的に競売になります。

競売によらず所有者本人様が、ご自分で不動産を売却することを、任意売却といいます。


任意売却申し出の時期によりますが、ほとんどの金融機関が債務者本人による任意売却に応じてくれます。


任意売却による売主のメリットは以下のようになります。

1.競売よりは高く売れる。したがって、連帯保証人がいる場合など、 保証人の残債務がその分、少なくなる。

2.引っ越し代を受け取ることが出来る場合がある。
  
3.ご近所や知人に、ローン延滞による売却だと知られない。
  (競売にかかるとご近所には、ほぼ分かってしまいます。)



債権者が複数いても当社が金融機関と、売却の折衝も行いますので、まずはご相談ください。

Q&A質問一覧はこちら

このページのトップへ