不動産売却Q&A 回答

売却代金では、住宅ローンが全額返済できそうにありません。売れないでしょうか?

売却代金で、住宅ローンが、全額返済できる見込みがない場合は、ローンを借りている金融機関と、交渉が必要になります。

売却予想価格は1000万円なのに、住宅ローンは1500万円残っている場合を仮に例に挙げてみます。

通常、売買時には住宅ローンを一括返済するのが原則です。
残債務が1500万残っているのであれば、1500万全額を金融機関に返済しないと、抵当権抹消書類を渡してもらえません。

したがって、仲介手数料やその他の売却に必要な経費を除いた金額が、1500万円以上残らないと、売却することができないことになります。

しかし、債務者本人が、自己破産宣告を受けていたり、現にローンの支払いが滞っている場合は、金融機関によりますが、とりあえず売れたお金の1000万円の返済で、抵当を抜いてくれる場合が多いです。


これが可能かどうかは、借りている相手先の金融機関によっても、また、お客様の返済状況や返済能力によっても、違ってきますので、いちがいには言えません。


当社に売却をご依頼いただいた場合、こうした折衝もお客様と同行して行ないます。


お客様の秘密は、厳守いたしますので、まずはご相談下さい。

Q&A質問一覧はこちら

このページのトップへ